先輩社員紹介

true

技術部 設計課

溝田 一仁(33歳)

出身:慶應義塾大学大学院  理工学研究科 基礎理工学専攻 卒年収:500万円位

  • これが私の仕事

    橋梁・道路・災害復旧事業等土木工事の設計

    .土木という言葉を突き詰めていくと、自然とどう共存・調和していくかということだと思います。
    例えば堤防が災害で決壊したときは被災時の水の流れ等を調査し、決壊のメカニズムを解明し、自然に逆らわないなかでより強固な堤防を作るにはどうしたらいいかということを念頭に設計していきます。
    足繁く現場に通い、現地を熟知した上で自然との調和を心掛けた設計を行い、また、その構造物を使う方々の意見を取り入れ自然とマッチさせる。そして、それがうまくいったときには発注者だけでなく地元の住民の方々からも感謝の言葉を掛けて頂ける。
    つまり、人と自然と対話しながら仕事ができることが土木設計の一番面白いところだと思います。

  • だからこの仕事が好き! 一番うれしかったエピソード

    .自分で書いた線一本がいくらという価値を生む!

    私は前職は東京のゼネコンで働いていました。
    前職から今に変わって一番実感したことは、小さい会社だからこそ、リアルにお金を稼いでいる感覚があるということです。
    私が設計した中で、大きいものでは1~2千万円ほどの仕事が数件ありました。設計計算・図面・報告書・数量を全部仕上げて1~2千万円となるわけですが、自分はその中で、設計計算と図面を仕上げたから5百万円は稼いだな、という風になる訳です。
    大きい会社で大きなプロジェクトの中に身を置いていた内は感じることが出来なかった、リアルにお金を稼ぐ感覚を感じながらバリバリ仕事をしていくのは爽快です!

  • 私がこの会社を選んだ理由

    会社は私と同い年!自分の兄弟である会社と共に成長し社会貢献したい!

    実は社長は私の父であり、私が生まれた年に会社を設立しました。
    自分がここまで育ってこれたのも会社のおかげだと思っています。
    今までは父の時代で、父が遮二無二働き、ここまで会社を大きくしてきました。
    私は東京のゼネコンで施工管理の監督として働いていましたが、4年ほど前に会社について相談されました。東京での仕事もうまくいっており正直迷いましたが、親と兄弟(会社)が自分を必要としてくれているのならば、今まで受けた恩をここで返さずいつ返すのか、という思いで弊社で骨をうずめることを決意しました。

これまでのキャリア前職:ゼネコン(6年間)→当社へ転職(設計:3年目)

先輩からの就職活動アドバイス!

困難なことに直面したときにどうやってその困難を乗り越えたのか、また、自分に足りないものは何で、その困難によりどのように自分が成長できたのかということをアピールするとよいと思います。社会は困難なことがたくさんあります。「私ならこうやって困難を乗り越えます!」と胸を張って言える人材であれば、どの会社でも採用したくなるはずです。

プレエントリー・説明会予約はこちら

プレエントリー説明会予約

他の先輩社員を見る

  • 橋梁設計・下水道設計・補修設計

    true

    技術部

    小澤 良介(30歳)
    福岡大学  工学部土木工学科 卒
  • 建設コンサル。今は下水道の設計と提案です。

    true

    技術部 設計課

    別府(24歳)
    佐賀大学  理工学部 都市工学科 卒
連絡先:
〒830-0032 福岡県久留米市東町480-16

TEL 0942-38-6548
FAX 0942-38-6544